パラレルワールドは自分で選べる♪

パラレルワールドの選び方とは?

以前、「誰もが自分の世界を自分で創っている」ということについて書きましたが、

パラレルワールドも結局は自分で創っているようです。

 

パラレルワールドとは「並行世界」とも呼ばれ、

私たちがいるこの現実とは違う状況の現実が繰り広げられている世界で、

しかもいくつも存在するらしい・・・

 

 

自分の思考エネルギーを使って次の現実を創っているということは、

思考した分だけその先の現実ができるということ。

 

たとえばこの先のことに関して

「こうなるかも、ああなるかも、いや、もしかしてこっち・・・」

といくつかの想像をしたなら、

その全部のパラレルワールドができるとアシュタールは教えてくれます。

 

「ほんの小さな出来事が、パラレルワールドを変えるのです!」

あ、変わった・・って、わかる時!

 

自分が選ばなかったパラレルワールドの自分も周りの人もやっぱり存在するらしくて、

そのあたりはさっぱり???なのですが、とにかく自分でどれがいいか選べるということ。

 

私もいまだに「どうしよう、どうなるの?」と思ってしまうときがあるのですが、

そんなときにはこの話を思い出し、

「どうなるの?じゃなくて、自分で選べるんだからこのパラレルワールドを選ぶ!」

と宣言するようにしています。

 

そして、そちらの現実を創造するために必要な行動が浮かんできたら実行します。

 

 

 

 

 

強力な私たちのエネルギー

もし、自分ではっきり選ばないで「どうなるの?どうなるの?」と思っていると、

ネガティブなエネルギーのほうが引っ張る力が強いため、

自分が不安に思ったり嫌だと思ったりするような状況が

現実化されてしまうように感じています。

 

もし望まないパラレルワールドを選んでしまったと気づいたら

また選び直しは何度でもできますが、やはり自分が好ましいと思う未来を選びたい・・・

 

宇宙に善悪はなく、この世で体験できることはどれも貴重なものとはいえ、

やはり「こうなるのは避けたい」と思うことはあります。

 

なので、自分が望ましいと感じる1つの未来に集中して、

「私はこうする、こうなる」と

はっきり言葉にしたりイメージしたりするようにしています。

 

他の、自分が好まないパラレルを選んでしまわないように・・・

 

「パラレルワールドを移行する大きなカギ!」

「ボタンひとつのパラレルワールド・・」

 

また、パラレルワールドを移行する際のツールは「感情」です。

マインドよりも、感情や気分を変えることのほうが重要だと

アシュタールは教えてくれています。

 

「パラレルワールドを移行するためのツール!」

 

パラレルワールドを創るのも、移行するのも結局自分の意識しだい。

私たちのエネルギー(意識、感情、イメージなどの)って本当に強力なんだなと思います!

 

 

★ブログランキングに参加しています★

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村

 

★アシュタールとさくやさんが教えてくれる波動の真実がよく分かる!

おすすめの4冊です(^o^)

Amazon.co.jpアソシエイト

 

 

 

 

コメント