嵐・大野くんにスピリチュアルな興味を惹かれるわけ

魂の望みを叶える道を自ら創り出す

嵐が活動休止の発表をしてから、その経緯と彼らの絆にスピリチュアルな興味を覚え、その後もいろいろな記事を読んでみています。

それは大野くんが、今私が採用しているスピリチュアルな考え方を体現するような考え、行動を取っているように感じてとても興味を惹かれるからです。

だから、彼がこれまでどう生きてきたかが気になりますし、今後を応援したいという気持ちになっているのです。

 

今、私が採用しているスピリチュアルな考え方、生き方とは、

「我慢することなく、心からやりたいことをやる(魂の望みに従う)」

「自分の才能や能力を発揮し、個性を表現しながら生きていく」

「大切な人たちとは偽らない正直なコミュニケーションを取る」

などです。

 

このように生きていこうと思ったとき、まずは自分の魂(魂という言葉がしっくりこない場合は「個性エネルギー」と考えてもよいでしょう)が求めていることに気づくことから始めなくてはなりません。

自分の本心に意識を向けず、世間の常識や慣習などに合わせることを当たり前だと思っていたら、魂の望みに気づくことはできないでしょう。

大野くんは「自由に生きてみたい」という魂の望みに気づき、それを無視したり我慢したりすることなく、その現実を創造できるように行動してきました。

その際、衝動的に辞めてしまうというようなやり方ではなく、周りとしっかりコミュニケーションを取っておたがいに納得できるようにしたことが本当に素晴らしいと感じました。

彼がいかに他のメンバーやファンの人たちに愛情を持っていたかが、そこに表れていると思います。

 

もともとイラストレーター志望で、絵を描くのが大好きだという大野くん。

個展も開かれているそうですね。

絵を描くことはその人の個性の表現であり、それが自由にできないというのはやはり彼にとってつてもつらいことだろうと思います。

しかし、歌やダンスで自分を表現することも、そして何よりも仲間たちが好きだったからこそ、これまで20年もの間アイドルを続けてこられたのでしょう。

そして現在、彼は「自由になる」という魂の望みを叶える道を自ら創り出しました。とても尊敬できることです。

この2年間を充実して過ごして、その後は自由な生活を楽しんでほしいと心から応援しています。

 

多くの人たちの心を解放したかもしれない出来事

ファンの方はきっと寂しいだろうと思うのですが、今回の出来事でよかったと感じるのは、「自由な生活をする」という望みを持ってもいいんだ、ということをみんなが知ることができたことだと思います。

自由な生活を望んでもいいんだ、そしてそれは周りにも受け入れられるんだ、という事実がたくさんの人の心を解放し、勇気づけたかもしれません。

影響力のある彼だからこそ、それができたのです。

私は、彼の魂がこの役割を引き受けることに同意して今回のような経緯をたどってきたように感じています。

有名な人たちは、ときに世間の人たちになんらかのメッセージを伝えるような体験をすることがあるように思うからです。

 

昨夜、ミュージックステーションで彼らの歌を聞きましたが、ファンの人たちへのあふれんばかりの愛情が伝わってきました。

ファンの方たちも多くがショックを乗り越えて彼らの決断を支え、応援していこうと言ってくれているのがなんとも温かい気持ちになります。

嵐とファンのみなさんはこんなほっこりするような愛情の交流を続けながら、一生の思い出に残るような2年間をきっと過ごせると思っています!

どうぞ楽しい時間を過ごしてくださいね。

 


★カードリーディングを提供しています!★

エンジェルタロットでアドバイスを詳細にお伝えします 潜在意識にあるもの、状況の原因、対策などを詳細にお伝えします

 

あなたの才能・能力・適した仕事をカードで見ます 今の仕事が楽しくない、自分の能力を活かしたい、副業をしたい…

現在、ココナラからお申込みいただけます。

初めて登録される方は招待コード「2m3xtk」の記入で300ポイントがプレゼントされます!

しばらくは500円のサービス価格でリーディングさせていただく予定です。

「あなたが望む現実を創るための、カードからのアドバイス!」
エンジェルタロットやオラクルカードによるリーディング

【決済方法】

クレジットカード
au・ドコモ・ソフトバンクのケータイ決済
BitCashなど

となっております。どうぞよろしくお願いいたします!



★ブログランキングに参加しています★

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ

にほんブログ村


★アシュタールとさくやさんが教えてくれる波動の真実がよく分かる!

おすすめの4冊です(^o^)

Amazon.co.jpアソシエイト

 

 

コメント